プラスチック光学の技術
プラスチックレンズづくりにおいて、基礎となる部門の工作部では創業当初から受け継がれた技術力を元に更なる発展のため、最新の設備とソフトをたえず導入し製作開発を行っております。
新素材または光学レンズ設計の高度化、そして品質の向上や生産性の向上などものづくりにおける課題、問題に対し積極的に取り組みよりよい技術での製品化を目指しております。

金型設計では最新3DCAD/CAMいて、綿密な設計、解析、シミュレ
ーションにて耐久性とコストパフォーマンスに優れた金型設計を行っ
ております。
さらにお客様個々のケースにもご対応できるよう最新の情報、概念を
取り入れた自社ソフトウェア開発を行い、既存のソフトによる制約を
受けない柔軟な金型設計を行える体制をとっております。
当社におけるレンズ製作におきましては光学設計データ(係数)をも
とに製作され、光学設計データ(係数)をもとに測定照合を行います
ので3DCADモデル由来の光学面形状形成における設計データとの誤
差の問題は極最小限に抑えられるよう努力しております。

〔レンズコマ金型 当社実績値〕
STAVAX焼入れ鋼(硬度HRC53相当)
メッキ無し無垢鏡面
形状:球面形状
表面形状:0.3μm~数μm
表面粗さ:(Ra)2nm
インジェクション成形によるプラスチックレンズの製品化を担当する成形部門では試作製品そして量産製品を多品種少量生産から大量生産に至るまで幅広 対応しております。
バリエーション豊富な成形機にて24時間稼働による製品の安定化を確保し、熟練の技術者が適正な条件のもと製品化いたします。またクリーンな環境で成形 いたしますので光学製品を安心してご依頼いただけます。
代表的な光学用樹脂をはじめ新素材への対応も積極的に行っており複雑形状の製作も金型設計の高度化によりあらゆる形状が製作可能となっております。
定期測定な精度管理、金型の定期検査やメンテナンスを行い金型の高寿命化や量産性の向上に努め、コストと品質のバランスのとれたハイパフォーマンスの 製品化を目指しております。


〔量産成形 当社実績値〕
金型1ベースの生産数(月産)目安
1個取り 14000~15000個/月
4個取り 50000~60000個/月

製品最大サイズ : 75㎠
納期 : 1か月~

※形状、材料等により変動いたします。
成形部門により製品化されたプラスチックレンズにコーティングを施す蒸着部門では、樹脂表面に高密着性のコート(薄膜蒸着)をいち早く可能といたしました。
反射防止膜であるARコート、反射膜のアルミコートと金コート、さらにハードコートや撥水コートなどバリエーションは多岐にわたります。可視光線波長1本以下の均一した薄膜は高精度プラスチックレンズの機能をさらに向上させます。
蒸着器(バッチ式 BMC800 φ700㎜)2台と分光光度計(日立U-3000)の評価にて試作から量産までクリーンな環境でコートを行っております。
→コートサンプルをご希望の方はこちらのFAXフォーマットをご利用いただくと便利です。[PDF] (PDF:133KB)

〔反射防止膜-ARコート 当社実績値〕
透過率:98~99% レンズ両面コート
硬度:3H~4H
量産数量:月産10万個(※1)
ピークの波長(コート特性)はお客様のご指定ができます。測定は分光光度計によるピーク波長検出法にて行います。
薄膜厚は約0.3㎛程度の均一性のある薄膜ですのでコー トを施すことによるレンズ形状に与える影響は軽微です。
当社でご対応可能な最大サイズは250mm×250mmまでです。
通常の波長は400~700㎚域での測定になりますが、特注では 800~1500㎚まで可能となっております。特注測定の場合は 測定データの提出はできません。

※1 製品サイズにより量産可能数は変動します。
※ 母材の材料による制約はございませんが、形状(傾斜角度) により薄膜の均一性が損なわれる場合がございます。
※ コートの仕様により異なります。
当社独自の加工技術で設計図を元に各種材料から直接削り出し、熟練のオペレーターが一つ一つ丹念に仕上げる製造方法です。 精度は極めて高く、量産品を凌ぐほどの製品加工が可能です。また、納期が従来の金型製造、射出成形の方法に比べてきわめて短いので量産前の試作品の性能確認や試験目的などの用途に最適です。製造可能品目は球面・非球面レンズ、シリンドリカルレンズ、フレネルレンズを始めほとんどのプラスチック成形製品と同等の複雑な形状が可能です。一つ一つを丹念に仕上げますので、基本的に単品製作となります。納期や数量などについては弊社までお問合せください。

〔使用材料について〕 ダイレクトカット加工の性質上、ワーク(材料)のブロック材が必要となります。新素材や開発段階の材料につきましてはブロック材が材料メーカーさまに無く、ペレット材(インジェクション成形用材料)の販売のみの場合がございます。この場合、お客様より何らかの方法によりブロック材として材料を支給していただくか、当社にてペレット材から射出成形(当社所有の金型)にてブロック材を成形し、ダイレクトカットにて製品化を行います。
レンズ製作フロー